top of page

アーユルヴェーダのはじまり


アーユルヴェーダでは、宇宙のあらゆるものが空・風・火・水・地の五元素から成り立っていると考えます。


元素は常に影響を与え合って変化し続けています。

それぞれの元素の性質は私たちの心身も

同じように構成しています。











空は心身が存在する空間「スペース」を象徴しています。



骨格や筋肉は「地」に属している部分です。身体の中で「土台」を築いています。



「火」は分泌や消化の働きを司っていて、個体を液体へ、液体を気体へと

「交換する力」持っています。


血液やリンパ液などは「水」の影響をうけています。「流動性」のある変化の力があります。



呼吸や血液循環、心臓の脈動などは「風」によって「動き」が生み出されていま。



アーユルヴェーダでいう元素は、目に見えるものではありませんが、

確かに物質そのものに影響を与えていることが想像できると思いませんか。


閲覧数:8回0件のコメント

コメント


bottom of page